FC2ブログ
.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT





≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石川 県特報-県選管:選挙収支発表 県議選の収入総額1億8456万円 /石川




 
天狗舞 古古酒吟醸  720ml
 ◇参院選、支出10%減の3500万円
 石川県選挙管理委員会は、4月の県議選と7月の参院選の選挙運動に関する収支報告書の概要を発表した。県議選は前回より候補者が増えたが、収入、支出の総額がいずれも減少した。参院選は収入総額が前回並みで、支出総額は約10%減った。最も収入が多かったのは県議選が宇野邦夫県議(新進石川)で560万円、参院選は一川保夫参院議員(民主)で2500万円だった。
 県議選は前回より2人多い62人が立候補。62人の収入総額は1億8456万円(以下1万円未満切り捨て)で前回より約3000万円減った。支出総額は1億7218万円でこちらも2274万円減。平均収入は297万円で前回比約60万円減、平均支出は277万円で同比47万円減だった。

お買い物は楽天で^^




 支出項目で最も多いのが、印刷費で総額5294万円、次いで広告費の4366万円、人件費の3126万円の順。
 参院選は前回より1人多い4人が立候補。収入総額は前回比53万円増の4194万円、支出総額は376万円減の3500万円だった。平均すると、収入が1048万円、支出が875万円となり、いずれも前回から24~32%減ったが、無所属候補の収支がほとんどなかったため、平均が下がった。
 支出項目では、事務所費や集会の会場代などの家屋費が最も多く総額は947万円。次いで雑費の768万円と印刷費の595万円の順。
 県議選での収入が500万円以上は、宇野県議のほか紐野義昭、米田義三、福村章(いずれも自民)、金原博(新進石川)、中谷喜和(民主)、宮下登詩子(社民)の6県議と落選した長井賢誓氏と小泉勝氏の計8人だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)





石川 ブログTOPに戻る
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:27 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ishikawasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/923-33d830de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。