FC2ブログ
.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT





≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石川 県ホンダ インターナビ、フローティングカーデータと道路行政のギブアンドテイク構築へ




 
「旬」のうまさをまるごと冷凍!ズワイガニ ポーション 3Lサイズ 1kg【送料無料】
本田技研工業(ホンダ)と埼玉県は4日、インターナビのフローティングカーデータを用いた相互情報連携の取り組みを行うと発表した。ホンダは累計3億kmを越えたフローティングカーデータのうち、埼玉県内のエリアデータを県の道路政策課に提供。道路の課環境改善や道路政策の基礎データ提供で協力する一方で、埼玉県からは新設道路の情報や各種防災情報を得る形で協力し合う。

写真:インターナビスタッフ

今回の相互情報連携は、埼玉県とホンダの両方に多くのメリットがある。その具体例を見ていこう。

まず、埼玉県側のフローティング情報活用は、大きく4分野で行われる。

(1)道路整備後の効果測定

バイパス道路の建設や、県道の改善などを行ったのちに、対象道路や周辺道路に対して、"渋滞解消効果がどれだけ現れているか"をフローティング情報を用いて行う。

お買い物は楽天で^^



従来、このような効果測定は、調査員による道路観測調査や実車走行によって行っていたが、それらは人出・コストがかかり、取得できるデータ量にも限界があった。しかし、ホンダのフローティングカー情報を用いることで、従来よりも低コストかつ高精度な効果測定が可能になるという。

「県の道路観測調査に比べてフローティングデータを送出する母数がケタ違いに多くなりますので情報の精度が大きく向上します。当面は現在の道路観測調査と運用になりますが、将来的にはフローティング情報活用を中心とすることで県の効果測定費用の削減にも繋がる可能性があるでしょう」(本田技研工業インターナビ推進室インターナビ推進ブロック主任の平井精明氏)

(2)渋滞発生ポイントの抽出

県内の道路における渋滞発生状況をフローティング情報から抽出・統計化し、渋滞が発生しやすい道路の把握や渋滞原因の究明をする...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)





石川 ブログTOPに戻る
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:26 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ishikawasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/925-956be1fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。