FC2ブログ
.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT





≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石川 県 与謝蕪村とハスのカレンダー 宇都宮の市民グループが作製




 
【定価36,750円】香炉 牡丹
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000014-san-l09
 江戸時代に宇都宮城を彩っていたとされるハスの花と、同時期に宇都宮に滞在して「蕪村」と俳号を改名した俳人、与謝蕪村(1716~1783年)を知ってもらおうと、宇都宮市の市民グループがカレンダー「蓮ごよみ」を作成した。季節ごとのハスの写真に蕪村の俳句を添え、その解説なども掲載。関係者は「ハスと蕪村とのコラボレーションを楽しんでほしい」と話している。

 カレンダーを作ったのは宇都宮城のハス池の再生を目指す「宇都宮城蓮池再生検討委員会」(石川速夫会長)。カレンダーには蕪村の俳句や解説、それにハス愛好家らでつくる「蓮文化研究会」が主催している写真展の入賞作品7点などが使われている。

お買い物は楽天で^^





 同会理事で検討委員会事務局長の印南洋造さん(57)らによると、蕪村は後年、江戸へ出て烏山(那須烏山市)出身俳諧師の弟子となり、師匠の没後は同門を頼って結城(茨城県結城市)に下った。

 その後、同門の娘婿がいた宇都宮の寺町(現宇都宮市仲町)に滞在した。ここで、弟子らから集めた句を書き記した生涯最初の「宇都宮歳旦帖」を編集発行。この中で蕪村はそれまでの俳号「宰鳥」を捨て、「蕪村」と改めた。

 蕪村号誕生となった宇都宮を知ってもらおうと、市民有志でつくる「蕪村顕彰会」が今年4月、蕪村が滞在していた生福寺(同町)に句碑を建立。こうした動きを知った印南さんらが調べたところ、蕪村がハスの花を詠んだ句が14句あることなどがわかり、「蕪村とハスの歴史を多くの人に知ってもらい、歴史文化の再生につなげよう」とカレンダーを作成した...

ニュースの続きを読む





石川 ブログTOPに戻る
スポンサーサイト

| 未分類 | 03:04 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ishikawasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/933-5632305a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。